本文へスキップ

いつ塗るのがいい?日焼け止めの正しい使い方

いつ塗るのがいい?日焼け止めの正しい使い方

注意点とは

日焼け止めはどのように利用するべきなのか意外と知らない方が多いかもしれません。こちらでは正しい日焼け止めの使い方について説明しましょう。

まず日焼け止めの適切な量としては、500円玉分ぐらいの量がなければ顔を塗ることはできないとされています。これはかなり量が多いとイメージする方が多いでしょう。しかし、実際にこのぐらいの量を使っておかないと、日焼け止めを顔に塗ってその効果を発揮することができなくなるのです。

また、量が適切だったとしても、正しい塗り方をしなければ失敗してしまうでしょう。ムラがあるとその部分だけ焼けてしまい、まだらになってしまいます。そこで日焼け止めを正しく塗ることが重要です。

基本的な流れとしては、女性の場合は化粧水を使ってから日焼け止めを塗り、そこに化粧下地を塗ってからファンデーションを塗ると良いでしょう。日焼け止めの前にきちんと保湿をしておくことが大切です。これによって日焼け止めの浸透力を高めることができます。

以上の点をしっかりと守ってから塗ると良いでしょう。そうすれば日焼け止めの効果をしっかりと発揮できるようになります。あまり効果が出ないと悩んでいる方は使い方に問題があると考えましょう。